トーシンパートナーズで素敵なマンション経営|スムーズ投資で収益

模型

自分だけのマンションです

集合住宅

災害時のリスクを検討

一棟マンション投資の場合、リスクを考えて物件を選ぶ必要があります。一棟マンション投資のリスクは、一番考えらければならないのが災害等によるリスクです。一棟マンション投資は多額の投資額が必要になりますが、同額の投資をマンションに対して行う場合、区分マンションを複数個所に購入する方法もあります。マンションを丸ごと購入する場合と区分マンションを複数個所に購入する場合とでは、災害時のリスクが異なってきます。仮に、災害が発生した場合、購入したマンションが倒壊してしまう危険性があります。マンション一棟が丸ごと自分のマンションだった場合には、全てを失ってしまう結果になります。区分マンションであれば、犠牲は最小限に抑えられます。

大規模改修が容易です

一棟マンション投資の場合には、自分ひとりがオーナーになりますから、全体計画を立てやすいというメリットがあります。マンションの管理は簡単なものではありませんから、自分がオーナーだからと言って、自分だけで管理することは困難です。どうしてもマンションの管理業務を委託することになりますが、自分だけのマンションであれば、自分の思い通りの管理を行うことが可能です。特に、大規模改修を控えている場合には、そのタイミングや規模などを自分の考えで決めることができます。マンションの老朽化は収益に直結しますので、計画的に維持補修等を行っていかなければなりませんが、臨機応変な対応が必要です。一棟マンション投資であれば機敏な対応が可能になります。