トーシンパートナーズで素敵なマンション経営|スムーズ投資で収益

模型

不動産投資をするなら

女性

どちらか迷う場合は

不動産投資をしようと考えた時に、マンション1棟買いにする方が良いのか、区分所有といって、いくつかの部屋を購入するのかで迷う場合があるかと思います。もちろんどちらにもメリットはあるので、自分の好みや考え方に合わせて、または両方選んでみる、というやり方もあるので、いろいろと検討してみると良いのですが、もしもどうするべきか迷っているのなら、マンション1棟買いの方をおすすめします。その理由の一つとして、マンション1棟買いなら、銀行からの融資が受けやすい、ということが挙げられます。やはり圧倒的に家賃収入が多いため、仮にいくつかの空室ができたのだとしても、他の部屋が埋まっていれば返済が滞ることが少ないので、貸す側にしてみれば安心というわけです。

増えていきそうです

マンション1棟買いの良いところは、オーナーさんの自由にできる、というのも大きいです。例えば、いまいち入居率が悪いといったような場合、思い切ってリフォームして、若者向けにしたり、高齢者が住みやすい建物に変えてしまう、といったことができるのです。区分所有の場合でもやってできないわけではありませんが、周りの許可を得てからでないと駄目だったり、そもそもそういった修繕などは認められていないということも、決してあり得ない話ではないです。それから、マンション1棟買いの最大のメリットとも言えるのが、取得代金などはそのまま経費として計上することができ、サラリーマンなら、所得税や住民税などの節税が可能です。このように利点が多いので、今後はますますマンション1棟買いをする人が増えていきそうです。