トーシンパートナーズで素敵なマンション経営|スムーズ投資で収益

積み木のビル

不動産投資をするなら

女性

不動産投資なら、マンション1棟買いをしておくのがおすすめです。資金の心配をする人もいるでしょうが、銀行から融資を受けやすく、なおかつ安定した家賃収入が見込めるので、思い切ってチャレンジしてみても良いでしょう。他にも節税できたりとメリットは多いので、マンション1棟買いする人が増えていきそうです。

メリットとデメリット

アパート

不動産投資を行う場合には、メリットやデメリットを十分に理解したうえで行うことが大切です。特に、マンションを購入して賃貸マンションとして不動産収入を得ようとする場合には、区分マンション投資にするのか一棟マンション投資にするのか自分にあった投資方法を選ぶ必要があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、それを理解することが重要です。例えば、準備する資金を考えると、圧倒的に一棟マンション投資の方が巨額の資金を必要とします。マンション一戸であれば2000万円程度の資金ですみますが、一棟マンション投資になると億単位の資金が必要となります。一部資金は借り入れるとしても、背負う負債は大きなものがあります。マンション投資を行なう際には経営を自分で行なう必要がありますが、トーシンパートナーズサポートなどの企業を利用すると問題なく経営を行なっていけます。トーシンパートナーズでは、マンション経営に関するサポートをしてくれる他にも、リスク回避のアドバイスなども受けることが出来るでしょう。

その一方で、空き室リスクは一棟マンション投資の方が少なくて済みます。マンションを丸ごと購入するわけですから、中には空き室も出てきます。空き室が発生するという点ではリスクが高いように思うかもしれませんが、区分マンションによる投資では、その部屋が空き室になってしまうと収益はゼロになります。マンション全てを購入する場合には、空き室の発生により一戸当たりの収益は区分マンションに比べると下がってしまいますが、安定した収益を見込むことができるのです。また、マンションを複数で共有している場合には、大規模改修の計画も簡単には決まりませんが、一人でマンションを所有していれば改修計画も自分だけで決めてしまうことができます。

自分だけのマンションです

集合住宅

一棟マンション投資は、区分マンションを複数所有する場合に比べると災害時の危険性が高くなります。しかし、自分ひとりがオーナーであれば、大規模改修などを機敏に実施することが可能であり、安定した収益が見込めます。

管理業務全般を任せられる

電卓

マンションの経営や維持管理において、必要な管理業務全般を提供するのがマンション管理会社の特徴です。多数の会社から優秀なマンション管理会社を見つけるには、その会社の評判を調べておいたり、地元で長年営業してきた会社を探してみることです。